睡眠改善
ホーム 選ばれる理由 自然治癒力 自宅で簡単に実践 体験談ご紹介 ご相談はこちら

【えびねまさえの想い1】私がセラピストをしている理由


ブログ用r人との深いつながりを持って健康になれる。

お薬に頼らずに心と体を元気にする
アーユルヴェーダセラピストの道を決意

 

 

 

 

アーユルヴェーダセラピストがしたいと思ったきっかけは?

 

きっかけは2006年事故で父が突然、
脳内出血で倒れ「要介護4」の状態で
在宅介護を始めたことがきっかけになります。

 

前頭部を強打したために、
脳の一部が局所的にダメージを受けてしまいました。

 

びまん性軸索損傷という
脳神経の線維が断裂して切れたところの部分は
機能を失ってしまうものでした。

 

10日近く意識不明の状態でなんとか命は
助かりましたが後遺症が残りました。

 

突然の介護に戸惑うこともありましたが、
父とコミュニケーションをとることが
難しくなったことや「笑顔」が無くなり、
生きていても私とは別の世界で暮らしている
感じでしたらか「早く戻ってきて!」という思いが
募っていました。

 

 

よく私たちの脳には140億個もの神経細胞が
ありながら、一生に使う脳は1割り程度と
言われています。

 

残りの9割が使われていない
神経細胞があるのならば・・・
「損傷した部分を補う機能として
別の結びつきによって情報を
伝えくれるのではないか」と思いました。

 

体は血液が循環することで
それぞれの細胞に酸素が送られています。
さらにその細胞が活発に活動することが
できるとしたら・・・

 

刺激を与えることで活性化するのではないか・・・・と
確信して続けたマッサージが功を奏したことが
きっかけとなり、アーユルヴェーダセラピストの
道を決意することになりました。

 

 

アーユルヴェーダは、なぜ健康になるこができるのですか?

 

人間の体は本当に不思議ですが
「機能だけに着目しても健康にはなれない」
というのが実感です。

 

現代医学は進んでいますので、
いろいろな検査をすることで今この臓器では
何が起こっているのかはすぐに分かりますから
迅速にそれに対応して処置をして頂くことができます。

 

しかしどうでしょうか?

 

それがなぜ起こったのか?
という原因についてはCTやMRIなど
最新の機器を使っても明らかになりませんから、
現状の対処療法になってしまいます。

 

アーユルヴェーダでは
体=機能だけを診るのではなく
心・魂レベル(私のエネルギー)においても
「人間=生命全体」をみることで健康を維持していきます。

 

父は意識が普通に戻ってからは
「ありがとう」という言葉が増えていました。
家族だけでなく食事に行った先でも、
病院の先生や駐車場のおじさん、
デーケアの送り迎えなど、、、、

 

自分に関わって頂いたどなたに対しても
「ありがとう」の感謝の気持ちを表わしている
姿をみて、肉体的なことだけでなく心・
魂(私のエネルギー)レベルでも健全でなければ
健康は取り戻せないと実感しています。

 

                                             

⇒ 【えびねまさえの想い2】結果を出すカウンセリングが求められる理由

             【こちらをクリックして読む】

                                             

 

 

  

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする