睡眠改善
ホーム 選ばれる理由 自然治癒力 自宅で簡単に実践 体験談ご紹介 ご相談はこちら

2015年 11月

こんばんは。
自然治癒力アップには睡眠力一押し
素早くグッスリ眠れる!
睡眠改善セラピストのえびねです。

ご訪問いただきありがとうございます。

 

 

睡眠も生活のタイミングが関与!

 

ご無沙汰しております。
情報発信をPCのネットに
頼っていますが・・・

 

ネット回線が悪くなることで
音信不通になってしまい・・
PCだけでなく対応策が必要
だと痛感しています(反省)

 

 

失礼いたしました。
ところで寒い日が続いてい
ますがこれから益々寒さが
厳しくなってきます。

 

風の質空

 

11月から12月にかけて自然の
エネルギーは変化しています。

 

 

特に風の質が増えることから
「冷い」質への対策が重要です。

 

 

冷たさや乾燥といった特徴の
多い季節になるからです。

 

 

体調を調えるには体を暖かく
食べ物も温かく油分の含んだ
食事を中心にしっかりと睡眠
をとることが重要です。

 

最近はフレッシュジュースで
朝食を済ませる方が増えてい
ますが、冷えに弱い体質の方
は体調を崩したりします。

 

 

特に「冷い質」が多くなるこ
とでより不安
定さが増し自然
と寝る時間が遅くなります。

 

何となく夜遅くまで起きて
いることで朝はスッキリと
起きれずぼんやりとした
1日のスタートになります。

 

ぼんやり

 

 

これからの時期は飲み会の
回数が増えることで不規則
な生活が増えてきますから

 

 

なかなか寝付けあなたは
「食事の内容」にも注意
してみてくださいね。

 

 

アルコールやカフェインは
勿論ですが、小麦製品や
乳製品また甘い物などの
食べ過ぎに気を付けます。

 

 

特に寝つけないあなたは、、、
自然界のエネルギー変化や
食生活などを見直して寝る
ためのタイミングを調えます。

 

夕食は昼食よりも軽めに食べ
ることまた寝るまでに心地よ
くくつろぐことが大切ですよ。

 

テレビやPC、スマフォなどは
9時以降は見ないようにする
ことで早く床につける工夫を
してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

暮れの食生活管理
お気軽にご相談くださいね。

 自分に合った快眠について
 お気軽にお問い合わせくだい!
  メール こちらをクリック ♪

 

 

あなたにあった生活習慣で快眠!
薬に頼らずにぐっすり眠るには
こちらを参考にしてみてくださいね。

 

 

最後までお読み頂き
ありがとうございます。
あなたの笑顔に感謝 嬉しい

こんばんは。
自然治癒力アップには睡眠力一押し
素早くグッスリ眠れる!
睡眠改善セラピストのえびねです。

ご訪問いただきありがとうございます。

 

 

健康で過ごすための睡眠管理人ってだれ?

 

仕事や勉強で夜遅くまで
起きていることで健康的な
体を維持することが難しく
なります。

 

夜の作業は本当にやらなく
てはいけないことだけにし
て睡眠時間を確保しますよ。

 

 

睡眠が不足することで体に
与える影響はいろいろあり
ます。

 

 

◆免疫力の低下
風邪など引きやすく疲れな
ども溜まるため体調管理が
難しくなります。

 

 

◆肺や肝臓に影響
睡眠不足によりイライラする
ことでタバコやお酒などの量
が増えていませんか。

 

 

◆脳卒中のリスクが上がる
アメリカ・アラバマ大学の発表
によりますと睡眠時間が6時間
以下だと脳卒中のリスクが4倍
にもなるそうです。

 

 

◆肥満になる
夜中に小腹が空くことで夜食
やお菓子などを食べることや
ホルモン分泌又胃腸にも負担
がかかります。

 

 

◆死亡率が上がる
ちょっとした夜更かしも毎日
続くことで死亡リスクが上がる
とイギリス・ウォーリック大学
の研究発表があります。

 

 

 

しかし私たちの体の中には
「睡眠管理人」がいます。

 

 

それが体内時計です。

tokei

 

 

 

「光」を浴びることで目から
脳へ情報を伝達し覚醒と睡眠の
コントロールをしています。

 

眠りを促すホルモン「メラトニン」
の分泌を調整することで体温調整
やエネルギーの変換などを行って
くれています。

 

そのために光の多い日中では
メラトニンの分泌量は少なく
暗くなることで分泌量が多く
なり眠りを誘ってくれます。

 

 

意識しなくても健康に過ごす
ために睡眠時間を管理してく
れているんですね。

 

 

ですから夜中の携帯はNG!

 

 

携帯の電磁波や画面の人口的
な光は脳を混乱させ体内時計
を狂わせます。

 

 

健康で過ごすためにはこの
「睡眠管理人」を大切にする
ことが秘訣です。

 

 

 

 

体内時計の調整の仕方
お気軽にご相談くださいね。

  自分に合った快眠について
    お気軽にお問い合わせくだい!
    メール こちらをクリック ♪

 

 

あなたにあった生活習慣で快眠!
薬に頼らずにぐっすり眠るには
こちらを参考にしてみてくださいね。

 

 

最後までお読み頂き
ありがとうございます。
あなたの笑顔に感謝 嬉しい

こんばんは。
自然治癒力アップには睡眠力一押し
素早くグッスリ眠れる!
睡眠改善セラピストのえびねです。

ご訪問いただきありがとうございます。

 

 

睡眠中にどんな夢をみますか。

 

夢をよくご覧になりますか。
実は夢を見ていることで脳の
エネルギーはかなり消費して
います。

 

悪夢

 

 

睡眠状態は時間の経過と共に
睡眠の深さに変化がありますが
それがレム睡眠とノンレム睡眠
になります。

 

 

 ◆レム睡眠
浅い眠りになります。
体は深く眠っていますが
脳は活発に動いています。

 

 

◆ノンレム睡眠
深い眠りで脳も体も休んで
いる状態になります。

 

 

私達はこのレム睡眠・ノンレ
ム睡眠にかかわらず夢をみて
います。

 

 

レム睡眠中に見る夢は自然に
目覚めた時に思い出すことの
できる夢が多いと言います。

 

またノンレム睡眠中に見る夢
は目が覚めてもなかなか思い
だすことが出来ないそうです。

 

 

いずれにしても夢を見ることは
わかってはいますがそのメカニ
ズムはまだ解明できていないよ
うです。

 

 

 

しかし人間の欲求や快感を
司るドーパミン神経系の役割
に夢との関係があるようです。

 

 

また夢と情動が密接にリンク
しているとも言われています。

 

 

ですから日中にストレスを感じる
ことで夢見がよくないことがわか
っていますよ。

 

 

夢の中で口論している場面
に出くわす方はストレスが溜
まっているかもしれませんね。

 

 

睡眠不足になることで・・・
ネガティブな情報に反応し
て夢を見るといいます。

 

寝る前にはリラックスして
心地よい眠りに入りポジテ
ィブな夢をみたいですね。

 

 

 

ネガティブな夢をポジティブな夢にスイッチ!
お気軽にご相談くださいね。

  自分に合った快眠について
    お気軽にお問い合わせくだい!
    メール こちらをクリック ♪

 

 

あなたにあった生活習慣で快眠!
薬に頼らずにぐっすり眠るには
こちらを参考にしてみてくださいね。

 

 

最後までお読み頂き
ありがとうございます。
あなたの笑顔に感謝 嬉しい