睡眠改善
ホーム 選ばれる理由 自然治癒力 自宅で簡単に実践 体験談ご紹介 ご相談はこちら

2015年 8月 1日

こんばんは。
自然治癒力アップには睡眠力一押し
素早くグッスリ眠れる!
睡眠改善セラピストのえびねです。

ご訪問いただきありがとうございます。

 

夏の疲労回復で何を食べる?

 

よく寝ているつもりでも
疲れがとれないと言う方
いらっしゃいませんか。

 

疲労物質が体に溜まる
ことで疲れがとれません。

 

そこで疲れを解消するた
めに「クエン酸系」の物
よく食べていますか。

 

レモンやグレープフルーツ
梅干しに酢の物などがあり
ますね。

 

クエン酸を含む食べ物は
疲労物質である乳酸を
分解してくれます。
レモン

 

 

 

 

 

またクエン酸には血液の循環
の促進や骨密度を高めてくれ
骨粗鬆症の予防やミネラルの
吸収を補助する働きがあります。

 

 

そのため夏の食卓では多く
出てくるかもしれません。

 

 

そして最近、
「吹き出物」が多く出てく
るようになった・・・

 

 

お肌のトラブルに悩んでいる
あなたはこの酸味にご注意ください。

 

 

このお肌のトラブル夏の
暑さで出てくる「汗」だけ
の問題ではないのです。

 

 

体質によってはクエン酸 =
酸味を多く食べることで皮膚
疾患の原因になっています。

 

 

 

火の質の多いあなたは酸味
をよく食べることでエネルギ
ーバランスを崩します。

 

・吹き出物が治らない
・頭痛に悩まされている
・胃が痛くなる

 

など不調が出ているならば
疲労回復によかれと食べて
いる酸味の物は控えたいで
すね。

 

 

どんな方が火の質の多い
かと言いますと、、、

 

情熱的でチャレンジ精神
がつよく好奇心の多い方
になります。

 

しかしバランスが崩れること
で完全主義者になりがちで怒
りっぽく見栄っ張りになって
しまいます。

 

心あたりある方は要注意です。

 

もともと体温が高く汗を
かいやすい体質でお肌の
トラブルも多い方です。

 

 

ですから夏の暑さで疲れ
ているから酸味の物をと
とるには危険が伴います。

 

さらに、体を温める辛味
あるスパイスも避けたいと
ころですね。

 

 

体に熱を溜めない食材とし
ては、きゅうや、キャベツ
ブロコリー、アスパラガス、
れんこん、かぼちゃなどの
緑黄野菜をよく食べます。

 

また酸味の果物は避けよく
熟した甘味の多い果物でバ
ランスを調えます。

 

夏の疲労回復に食べている
物をちょっと工夫してみて
はいかがでしょうか。

 

 

 

あなたにあった生活習慣で快眠!
薬に頼らずにぐっすり眠るには
こちらを参考にしてみてくださいね。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。
あなたの笑顔に感謝 嬉しい