睡眠改善
ホーム 選ばれる理由 自然治癒力 自宅で簡単に実践 体験談ご紹介 ご相談はこちら

夜眠れない人は「自然の力」を利用する

こんにちは。

「これで素早く、グッスリ眠れる!」

睡眠改善セラピストのえびねです。

 

すっかり日も短くなりなってきましたね。

何だか夜はなかなか寝付けないとか

夜中に目が覚めるといった方には、

是非「自然の力」を利用して頂きたいと思います。

 

 

現代医学でも言われていますが「朝の太陽光」は強力な味方です。

朝日を浴びることで、体内時計をリセットしてくれるからです。

 

 

私たちの体は1日25時間でリズムをきざんでいますので、

この体内時計のリセットをおろそかにしていますと、

毎日少しずつ体内時計がずれていきますので、

どんどん夜型のリズムになってしまうことになるからです。

 

では、朝の何時頃に太陽の光を浴びるといいのかと言いますと、

だいたい8時~10時といろいろと言われていますので、

中間どころの9時頃までに浴びるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

太陽の光を浴びることで、私たちの体のシステムに指令が伝わり

睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌をストップさせてくれますので、

眠気を覚ますことになります。

 

 

これはとても重要なルールになっているんですよ。

リセットされてから、約14~16時間後にメラトニンが分泌

されますので、再び眠気が出てくるということです。

 

 

ですから、朝の太陽に浴びた時間によって、眠くなる時間を

調整することが出来ると言う事になります。

 

朝起きても、カーテンなど開けずに会社に行く支度をしていた方は

朝起きたら、まずカーテンを開けて太陽の光を浴びることを

習慣にして頂ければと思います。

 

 

さらに昼間の太陽の光にも意味があります。

昼間、太陽の光を浴びたり、散歩をすることでストレスホルモンACTH

という物質が大量に分泌されます。

 

このホルモンは運動や立ち仕事などの肉体労働でも分泌されますが、

このストレスホルモンが日中に多く分泌されることで、

夜になると睡眠物質に変化する仕組むがあると言われているからです。

 

ですから昼間の太陽の光を浴びることで、疲労感を増して

夜は眠りやすくなるセロトニンの合成を促進してくれることになります。

 

 

そして夜は虫の音などを聞きながら自然に触れること

 

マンションなど虫の音が聞こえてこない方には、

虫の音や波の音、川のせせらぎなどのCDを聴くことで「自然の力」

「自然のリズム」にのって眠りについて頂きたいと思います。

 

 

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます ハッピー

アーユルヴェーダではまず、ご自身の体質を知ることが重要です。

アーユルヴェーダの基本 王冠1 自分の体質を知る

それは生まれつきの体質を知り「心身のバランスを調える」こと

無料 簡易的体質診断を申し込む

  無料 体質診断してアドバイスをお送りいたします。

 

アーユルヴェーダを学ぶ 王冠1 イベント情報 (11/15)

アーユルヴェーダを学び

薬にたよらない快眠法を手に入れるワークショップ

■ワークショップに参加 する

  毎月 第2木曜 14:00~16:00 定期開催中

都合より 11月は「第3金曜」に変更させていただきます。

 

アーユルヴェーダ を実践 王冠1  自宅で手軽に始める

前代未聞の快眠法

■ハッピースリープ・エクササイズ 公式ページ

◇  新しい習慣を身に付け睡眠トラブルを改善するメゾット

 

アーユルヴェーダを体験 王冠1 サロンで施術してもらう

臨床心理士のいるアーユルヴェーダ・サロン

■Kiri&pia ~キリトピア~

◇  身体のケアだけでなく心のケアも大切にしています

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする