睡眠改善
ホーム 選ばれる理由 自然治癒力 自宅で簡単に実践 体験談ご紹介 ご相談はこちら

2013年 10月 3日

こんにちは。

「これで素早く、グッスリ眠れる!」

睡眠改善セラピストのえびねです。

 

だんだんと朝晩が涼しくなってきましたね。

そろそろ夕飯には「お鍋でほっこり温まってから床につきたい」と

いう方もいらっしゃるのではないでしょか?

 

我が家も白菜を買い込み、ねぎ、きのこ、人参、お豆腐、鶏肉などで

お鍋を囲んでの夕食でした。ちなみに皆さんはどんな味のお鍋ですか?

 

我が家は昆布だしで、たれは醤油にレモンといったシンプルなものですが、

鷹の爪などをたくさん入れたり、七味唐辛子などをたっぷりかけて

召し上がっている方も少なくないと思います。

 

実はこの辛味ですが、体が温まり眠りやすく感じると思うのですが、

あなたの体質にもよりますが、ヴァータのエネルギーを増やし、

寝つきを悪くしていたり、ピッタのエネルギーが過剰になることで、

夜中に目を覚ますことになっているかもしれません。

 

特に辛味成分をもっている黒コショウや唐辛子のようなスパイスを

過剰に摂っていることで、ヴァータのエネルギーを乱す原因になります。

 

 

アーユルヴェーダは

食べ物の「味」についても、深くドーシャに関わっていると教えています。

もちろん6味についても五大元素が含まれています。(五大元素 参考ページ)

そして優勢な元素は異なっているのです。 (6味 参考ページ)

 

① 甘味 ⇒ が優勢で、過剰とることでカファが乱れます。

② 酸味 ⇒ が優勢で、過剰にとることで、カファピッタが乱れます。

③ 塩味 ⇒ が優勢で、過剰にとることでカファピッタが乱れます。

④ 辛味 ⇒ が優勢で、過剰にとることでヴァータピッタが乱れます。

⑤ 苦味 ⇒ が優勢で、過剰にとることでヴァータが乱れます。

⑥ 渋味 ⇒ が優勢で、過剰にとることでヴァータが乱れます。

 

逆に言えば、この味の五大元素を知ることで今ご自分の乱れている

ドーシャを改善することができます。

 

 

たとえば、寝つきの悪いあなたがピッタの体質だったとしますと、

体を温める目的で辛いお鍋を食べることは、ますますピッタを乱す

要因となりますので、避けなくてはいけないということになります。

 

 

とくにドーシャの乱れを起こさせる要因の1つは、

「この間違った味を継続的に摂ること」で、バランスを崩しますので、

いろいろな味をまんべんなく摂ることがとても重要になります。

 

 

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます ハッピー

アーユルヴェーダではまず、ご自身の体質を知ることが重要です。

アーユルヴェーダの基本 王冠1 自分の体質を知る

それは生まれつきの体質を知り「心身のバランスを調える」こと

無料 簡易的体質診断を申し込む

  無料 体質診断してアドバイスをお送りいたします。

 

アーユルヴェーダを学ぶ 王冠1 イベント情報 (11/14)

アーユルヴェーダを学び

薬にたよらない快眠法を手に入れるワークショップ

■ワークショップに参加 する

  毎月 第2木曜 14:00~16:00 定期開催中

( 10月は、インド・ファリダバドに研修にいくためお休みします m(_ _ )m )

インド ジヴァ・アーユルヴェーダ 「パルタップ・チョハン先生」 の

インタビュー記事をご紹介します。

 

アーユルヴェーダ を実践 王冠1  自宅で手軽に始める

前代未聞の快眠法

■ハッピースリープ・エクササイズ 公式ページ

◇  新しい習慣を身に付け睡眠トラブルを改善するメゾット

 

アーユルヴェーダを体験 王冠1 サロンで施術してもらう

臨床心理士のいるアーユルヴェーダ・サロン

■Kiri&pia ~キリトピア~

◇  身体のケアだけでなく心のケアも大切にしています