睡眠改善
ホーム 選ばれる理由 自然治癒力 自宅で簡単に実践 体験談ご紹介 ご相談はこちら

2013年 6月

こんにちは。

睡眠改善セラピストのえびねです。

 

ちょこまか 現代社会においては、仕事や様々な事情によって、

睡眠時間を削ってしまったり、

同じ時間に眠ることができずに不安に思って

いらっしゃる方が少なくないと思います。

 

私たちはどのくらいの時間を眠ればいいのでしょうか?

 

日本人の平均的な睡眠時間は6~8時間程度と言われています。

しかし、適切な睡眠時間の量については、

基準を設けることが出来なと言われています。

 

個人差が存在するために、必要とされる時間は

年齢や環境などにより変化することから、打ち出されていないようです。

 

年齢とともに睡眠と覚醒のリズムが変化して

いることは現代医学でもわかっています。

 

合格 特に重要なのことは

睡眠時間のを心配するより質の良になります

眠りの質とは、深さで大きく変化してきます。

 

深いノンレム睡眠=質のよい睡眠

 

「脳をしっかり休ませる」ということができれば、

「イライラしたり」「集中すことができない」という

問題を解決していくことができます。

 

熟睡できずに、起きた時にスッキリと目覚めない

特にイライラすることや集中することができないと

悩んでいらっしゃる方は是非セミナーで解決してください。

 

 

虹 アーユルヴェーダ理論では

あなたにあった改善の方法をお伝えいています。

■7月11日(木)開催 睡眠トラブル改善の秘訣セミナー

こんにちは。

睡眠改善セラピストのえびねです。

 

晴れ 朝の目覚めいかがですかビックリマーク

 

目 目を覚まして、スーッと行動ができると

おにぎり 朝ごはんもおいしく食べることができて

グッド! 今日もがんばろう!って意欲がわいてきすよね。

 

音譜朝から活動的に行動できるって素敵ですよね音譜

 

ベルスッキリと目覚めるには、レム睡眠の時がいい

なんんて聞いたことがありますか?

 

そうレム睡眠ノンレム睡眠です。

私たちの睡眠はこの2つがセットになって、

およそ90分サイクルによって繰り返されていると言われています。

 

この言葉を聞いたことがあると思いますが、

この2つの睡眠はどう違うのかといいますと

 

簡単にご説明しますと

レム睡眠    = 体の休息

ノンレム睡眠  = 脳の休息 になります。

 

 

■レム睡眠では

体は休んでいますが、脳は比較的活発に

活動していますので、夢をみることがあります。

また、日中に得た情報を記憶や削除といった情報処理をしくれています。

 

■ノンレム睡眠では

脳がお休み状態になっていますので、

成長ホルモンや免疫機能を活発に働かせています。

 

 

ですから睡眠には、ただたんに

宝石赤 「体の疲れをとる」だけが目的ではなく

宝石赤 「脳を休ませる」という重要な役割があります。

 

 

 

虹アーユルヴェーダでは

体質によって見る夢が異なると言われています。

ですから、見る夢でもドーシャの乱れを知ることができます。

こんにちは。

睡眠改善セラピストのえびねです。

 

おやすみにる場所が変わると眠れないという方が結構いらっしゃいます。

 

特に海外に出かける場合、飛行機 時差ボケが問題になりますね。

なぜこのようなことが起こるかと言いますと、

あなたの体内時計のリズムは、

あなたが生活している場所での体内リズムのままになります。

 

海外などに出かけると現地時間にあわせた生活リズムになりますので、

そこに時間差が生じるために、バランスを崩してしまい、

時差ボケということになります。

 

この時差ボケを解消するためには、

まず現地時間に体内時計を合わることが重要になります。

 

要 特に睡眠トラブルには、この体内リズム重要です。

 

私たちの体には体内時計があるのをご存じでしょうか?

意識をしなくても、日中は活動状態となり、

夜になれば、休息状態に切り替わることができる。

 

このシステムは

だいだい1日周期で生体リズムを作っています。

 

時計 この時計のすごいところは、睡眠や覚醒はもちろんですが、

私たちの体のすべての臓器に

「時間通りに」指令をだしているところです。

 

ですからこの生体リズムが崩れることで

私たちの生理機能も正しく働いてくれません。

 

ショック! 胃腸の調子が悪くなったり

シラー 疲れやすい状態になったり

しょぼん 食欲がなくなるなど

様々な症状を訴えることになります。

 

それは、それぞれの臓器がかってな時間に働くことで

あなたの体や心がバラバラになってくることが原因だと

現代医学では言わています。

 

この体内時計は、毎朝光を浴びることでリセットされる

と言われていますので、朝日を浴びることを習慣にして頂きたいものです。

 

時差ボケなどには、出発した時の体内時計の時間にあわせて、

生活リズムをつるく必要があります。

 

到着した現地時間に合わせて、

サングラス サングラスなどを使って太陽の光を避けたり、

晴れ 体は眠い時間でも、積極的に太陽の光を浴びるなど

現地時間に、

ご自分の体内時計を早く合わせる工夫をしてみてください。

 

体内時計

体の様々な生体リズムを調整していますので、

光を浴びてリセットし一定のリズムを刻むように心がけましょう。

 

 

虹アーユルヴェーダでは

寝る場所の変化や出張や旅行といった

移動によって「動く」という質を増やします。

 

そのために、ヴァータの「動く」という質を増加させることになります。

このヴァータの質が増大することでバランスを崩し

精神的な緊張などで寝つきが悪くなります。

 

特に気持ちが不安定になりやすい方は、

寝る前にホットミルクを飲むことをおススメします。

 

 

       お 知 ら せ

******************************************

    グッスリ眠りたいあなたへオヤスミ

 睡眠トラブル改善の秘訣セミナーを開催いたします

ただ今参加者を募集しております。

是非、ご参加ください。